今生きている自分というのは前世の影響を受けていることがある。それというのはいい部分もたくさんあるが、悪い部分というのもたくさんあるものだ。いい部分というのは代々受け継がれている部分としてこれからの人生に活かしていくといいだろう。

問題なのは悪い部分が現世に思わぬ影響を与えている点だ。生きていく中でどうしてもうまくいかないことがあり、それがうまく切り抜けられないとまたうまくいかないといった負のスパイラルに陥ってしまう。こういう時にどうすればいいのか自分でもわからなくなる。

どうすればいいのかわからない時は前世占いを受けてみることで今までうまくいかなかった原因を探ることができる。うまくいかなかった原因の一つとして前世の記憶が邪魔をしているということがあり得る。こういう場合はその記憶をたどることによって解決の糸口を探ってみるのもいいだろう。

前世のメッセージは確かにこれからのあなたの生き方の道しるべとなるべきものであるが、そのメッセージを伝えることというのはいいことばかりではない点に注意する必要がある。現在のあなたの人生にはいいこともあれば悪いこともあるものだが、過去においても同様である。

うまくいかなかった原因となる過去の記憶をたどることによって、こういうことが過去にあったからうまくいかなかったのだなというのが分かる。ただし、過去にあったことを追認するだけではこれから先につなげることはできない。これから先につなげるためにどうすればいいのかを考える必要が出てくる。いろいろと考えた結果として明るい未来に向けて自分の意識が変化できるようになる。

せっかく占いをしてもらう機会があるのだから、たとえ過去に悪いことがあったとしてもその経験を乗り越える勇気を与えてもらう人に占ってもらったほうがいいだろう。過去の悪い経験を未来に向けてどうすればいいのかを前向きに伝えてくれるような占い師に依頼するべきだ。

ただし、今うまくいかないことや苦手にしていることすべてが前世のせいなのかということをもう一度問い直してほしい。すべてが過去の出来事のせいにしていては何も解決できないことは知っておくべきだ。得意なことや苦手なことというのは必ず意味があるもので、得意なものであればもっと伸ばしていくことでさらに得意になり、苦手なものであれば少しでも克服するというのが一番理想的だ。苦手なことを克服する手助けとして占いを利用してみるのもいいだろう。

関連記事