タロットの占いで運気を上げるにあたって、そもそもカードを利用する事で生まれる意味とは何だろうか。
人それぞれ捉え方はあるが、カードを使う意味について考えてみる事も必要なのである。

自分の相談内容と捉え方

まず、カードで占う場合は自分の相談内容に対しての捉え方が必要となる。
恋愛に関する事を占う場合にしても、自分が皇帝や正義、どんなカードを引くのかは結果が出るまで分からない。
例えば愚者の正位置なら冒険や勇気などを意味し、女帝の正位置なら結婚や家庭などを意味する。
つまり恋愛を占うからといって、恋愛にまつわる意味を持つカードが絶対に出る、という訳ではないのだ。
しかし愚者の正位置でも、勇気を出して告白する、冒険して付き合った事のないタイプの人と接触する、とも捉えられる。
こうして自分の考えで色々な解釈が出来る、というのがタロットの醍醐味なのだ。
自分の目の前に現れたカードは一体何を意味するのか、それを良く考える事が重要なのである。

運気を上げる秘訣は?

さて、運気を上げる開運方法だが、これは先に説明した通りやはり自分の捉え方がポイントになる。
例えば皇帝の逆位置なら自分勝手や独りよがりという意味がある。
これはつまり、自分勝手な行動などをすると運気が下がると考えられるだろう。
逆に言えば、自分勝手な行動を慎めば運気が上がるとも考えられる。
占い師のアドバイスも重要だが、このように出たカードが持つ意味を元に生活すれば、おのずと運気は上がってくるのだ。

カードの絵柄は未来を示している?

基本的に自分が引いたカードというのは、自分の人格もそうだが未来を示しているとも言えるのだ。
恋愛の正位置なら恋愛のチャンスという意味があるが、これはそのまま恋愛のチャンスが訪れる未来を暗示している。
そして逆位置の場合、離婚という意味も含まれているし、良い結果にしても悪い結果にしても未来には変わりないだろう。
もし正位置なら来るべきチャンスにどう備えるか、逆位置なら未来に起こるかもしれない可能性をどう避けるのか。
それを考えて行動すれば、既にある運気を更に上げ、悪い運気を良い運気へ変える事も出来るのである。

良い方向へ意味を捉える

カードで占った場合、良い意味を持つ正位置だけが出るとは限らない。
つまりどんな結果が出ても、ポジティブに占いの結果を捉えて前に進むべきなのである。
少なくとも、カードが持つ意味をネガティブに捉えて行動すると、運気はなかなか上がらないだろう。

関連記事