手相と言えば結婚線、と言ってもいいくらいに結婚線で結婚の時期を調べる人は数多く居る。
では、その線をどう見れば結婚時期が分かるのか、詳しく調べてみたい。

結婚出来る時期は?

まず、結婚線はおおまかに二つの種類に分けられるのだ。
もし線が何本も出ているなら、それはいつでも結婚出来るタイプと言える。
そして線が一本だけハッキリ出ている場合は初恋の人と結婚出来るタイプだ。
つまり結婚時期で言えば、線の多い人はどんな時期でも結婚出来る傾向にある。
従って時期的に考えると、自分の気持ち次第で好きな時に結婚出来る可能性も高いのだ。
逆に初恋の人と結婚出来るタイプの人は、初恋の人が身近に居るか居ないかで決まりやすい。
もし身近に初恋の人が居ないなら、しばらくは運命の出会いを待った方がいいかもしれない。

具体的に時期を知る方法

具体的に時期を知る方法だが、これは結婚線と生命線の二つを見て判断出来るのだ。
つまり二つの線が交わっている箇所が出会い、あるいは結婚の時期となるのである。
生命線で見た方が、具体的に何歳頃に良い出会いがあるのか分かる訳だから、これは是非確認しておきたい方法だ。
そして、もし今が丁度その時なら、現在仲の良い異性は永遠のパートナーになる可能性が高いので、その異性の事は大切にした方がいいだろう。

線は不動ではない?

手の線は不動ではなく、年数が経てば少しずつ伸びたりする事があるのだ。
また、結婚したいという願望が強いと結婚の線が伸びるとも言われている。
それにマッサージなどをしても伸びる場合があるので、現在の線全てが自分の運命を決める、という訳でもないだろう。
特に結婚願望が強ければ線が伸びる、という点には注目したい所だ。
もし線が短く結婚に対して不安を覚えたのなら、結婚したいという気持ちを強く持ってみてはどうだろうか。
気休め程度にしかならないかもしれないが、一つの考え方として、そういう気持ちの面をもつ事も大事なのだ。
そうすれば結婚出来る時期が遠かったとしても、運というのが強くなってくる事もあるだろう。

分かりやすい調べ方は生命線との兼ね合い

結婚出来る時期の調べ方に関して、一番分かりやすい方法はやはり生命線との交わり方だろう。
また、単純に長ければ長いほど時期が早い傾向にあるので、自分がそこそこの年なら結婚も間近と見ていい。
そしてもし結婚出来る時期が近づいている線だとしたら、現在仲が良い異性に永遠のパートナーが居る可能性が高いという事なのだ。

関連記事