人として生きていくためには金運に恵まれるのが一番いいはずだ。お金は生きていくためにとっても必要だから、お金に対してツキがいいとなると嬉しくなるものである。昔は地道に生きていれば大金持ちにはならないかもしれないが、少なくともお金に困らないような生活ができた。

現在は貧乏人の家庭からは貧乏人の家系になり、金持ちの家庭からは金持ちの家系になるというように、お金のあるなしによって子供の将来がある程度決まっていく可能性が高まってくる。場合によっては才能が有ってもあきらめざるを得ない人も出てくる。お金を持っていることであきらめずに才能を活かすことができるようになる。

子供が生まれてくるのは決して悪いことではないのだが、親の稼ぎが悪いことにより子供が我慢を強いられるのを見てかわいそうだなと感じるものだ。そういう家庭であってもお金の巡りあわせが良ければお金で失敗をすることはないだろうし、子供の可能性を伸ばすことに成功するかもしれない。

金運があるかどうかというのは実は手相を見ればわかるものだ。手のひらに刻まれている線によって未来を予言することができるというのは、手相にその人の生き方が表れていくものだからだ。そのため、生き方によって何とでも変わるものだからあきらめずにやっていくことが大切だろう。お金に対して運があるかどうかを知りたいのであれば占いによって鑑定してもらうといい。

占ってもらう時に特に注目するのは運命線や財運線、太陽線の3つである。運命線とは手首から中指に向かって縦に伸びる線で、この線がまっすぐ伸びているほど運命を切り開く力が強いと言われている。財運線とは小指の付け根位置に表れる縦線で、主に経済力を表している。この線は金銭的な余裕がある人に良く現れる線で、きれいに刻まれていれば財を蓄えるのに適しているといえる。太陽線は薬指の付け根位置にある縦線で、別名人気線とも呼ばれている。周囲からの評価を得やすく、社会的な名声を得ている人に多く見られる。

もし金運を上げるというのであれば、3つの線で足りないと鑑定された部分に線を書いてみたり、しわを作るようにしたり、エクササイズをしたりすることにより少しでも実現するようにする。鑑定結果のアドバイスを活かすことにより生き方が変わればそういうところに本物の線が刻まれることにつながってくる。本当にそういう線が表れたのであれば自分は頑張っているんだという実感を得ることができる。

関連記事