〈夢が伝える自分へのメッセージとは〉
朝起きた時に、なんだか印象に残っていることは、誰にでもあるのではないだろうか。夢は、潜在意識が見ているものと考えられていて、その夢には、何か自分へのメッセージが込められていると言われている。何かメッセージがあるなら、知りたいと思うのが普通だ。なんであんな夢を見たんだろう・・・と不思議に思う気持ちを少し緩和させてくれる方法がある。それは、夢占いだ。その日見た夢の内容で、今の自分の状態や、これから起こる未来についてを占う占いの事だ。最近では、インターネットの無料の占いサイトで、夢占いができるものもあり、人気の占いコンテンツの一つとして、多くの人が利用している。

〈夢占いのサイトはどうやって利用するの?〉
多くのサイトが、見た夢のキーワードを検索すると、そのキーワードが出てくる夢のもつ意味が分かるようになっている。例えば、歯が抜ける夢を見た場合は、「歯」をクリックすると、歯に纏わる夢が色々出てくる。「歯が抜ける」の項目の部分を読めば、歯が抜ける夢を見たときに自分がどういう状態かを知ることができるのだ。

〈夢の持つ意味を紹介!〉
例えば、指が切れた夢を見たとする。「夢ココロ占い」というサイトでは、指に関連するキーワードは、「結婚指輪」「指導」「指」「指輪」「指を指される」という5種類が出てくる。指が切れたわけなので、「指」のキーワードに注目して検索結果を読むと、指は、自分にとって大切なものであるとのこと。大切なものというのは、物ではなく、恋人との関係だったり、仕事へのやる気だったり、人それぞれ違う。指が切れるというのは、その大切なものへ不安を感じているという表れや、これから何か大切なものに悪い変化があるかもしれないという予兆ということが考えられる。もし、指の切れた夢に対して、良い印象がなければ、大切なものに対して、じっくり考える必要がある、ということなのかもしれない。指や歯だけでなく、場所もキーワードになる。例えば、トイレ。トイレの夢を見る人は意外に多いのではないだろうか。トイレで用を足す夢は、不安なことがすっきりなくなるということにつながりそうだ。逆に、トイレに行きたいのに、見つからない、用が足せない、という夢は、悩みがしばらく解決しないことを表している可能性がある。トイレを探しているときは、心に貯まった愚痴や不満などを発散したいという思いが強い時であるようだ。このように、一つの夢に対して、色々な見解があり、自分自身で夢に結び付けて、答えを見つけるのが夢占いなのである。

関連記事