人の命には宿命と運命の2種類があり同じように使われていることがあるが、2つにははっきりとした違いがある。前者は文字通り命に宿っているものだから、生まれながらにして持っているもののことを指す。これは先祖代々血を受け継いでいるので変えることは絶対にできない。後者は文字通り運の命と書き、命が願っている道を自信もって進むことを言う。命というのは神や天皇、偉人、両親、先祖などが発している言葉のことである。こちらについても実は変えられないものである。

似たような言葉として運勢というのがある。それは運の勢いという意味であり、与えられた運命を自分自身で理解してその道を見つけ、流れに乗ってしまうものである。こちらについてはどう解釈するかという問題があるので、こちらに関してはいくらでも変えることができるものだ。あくまで運命がベースとなるものであることは間違いないので、それを活かしていいように向かっていけばいいものだ。

これらのものを普段から意識していることは少ないと思うので、これらのものを知るためには占いサイトにて生年月日を入力するだけで良く、誰でも簡単に占うことによって知ることができる。未来というのは定められたものでなく、ちょっとした意識の変化や行動によって大きく変わってくるものだ。

出会いが無いという風に思い込んでいるだけで、実はすでに出会っているということは十分にあり得ることだ。そういう人に気づいていないだけというのもあり得る。それを占ってもらうことによって今まで意識していなかった人を意識するようになる。実はこの人が人生を左右する人だと後から気づくこともある。

宿命というのは人が生まれる上でのベースとなるようなものに当たり、樹木であれば一粒の種に当たるものである。一粒の種がとても立派であったからと言って、そのように育つとは限らないだろう。種が立派であっても育てる環境が良くなければ表に出てくるものは残念ながら良くないことだって十分にあり得る。

どこの家系に生まれてどのような両親によって育てられて、どのような家族構成に囲まれて、どのような教えを受けるのかというものをベースとして決まってくるものだ。人の育つ環境によって大きく変わってくるものである。

そういうものというのは自分ではわからないものなので、ぜひとも占ってみることをお勧めする。占ってみた結果好転するように向かっていけばいいのではなかろうか。

関連記事