動物占いで気になる相手との相性を占うのも、なかなか面白いやり方だ。
今回は具体的な方法を紹介するので、興味がある人は是非参考にしてみてはどうだろうか。

自分の動物と相手の動物を比べてみる

実際に占う前に具体例を挙げて占ってみるが、今回は自分が羊、相手が虎という事にしよう。
まず羊は物腰柔らかい性格で、謙虚な性格ながらも誰とでも仲良くなれる可能性を秘めている。
虎はのんびり屋であり、親しみのおける人間性である事が多い。
また、他人に甘く人を疑う事をあまり知らない傾向にあるのだ。
ここまで来たらもうお分かりだと思うが、羊も虎も柔らかい性格であり、どちらも親しみやすい性格なのだ。
従って、もし自分と好きな人が羊と虎という組み合わせなら、その相性は抜群だと言えるのだ。
という風に、自分を動物に入れ替えて性格を比べられるのが、動物で占う事の面白さである。

簡単に占う方法は?

今回はちょっと変わってはいるが、少し面白いやり方で簡単に占える方法を紹介しよう。
まず自分をどんな動物に似てるか直感でも良いので考えてみよう。
あるいは他人に似ていると言われた動物を当てはめてもいいだろう。
次は好きな人の性格はどんな動物に似ているか、これも直感でも良いので当てはめてみてほしい。
ここでもしも自分が猫で相手がネズミなら、これは心理的に自分と相手は合わない、と考えている可能性が高い。
また、自分がハムスターで相手がライオンなら、自分に自信が無く、たくましい相手に守られたいと考えている傾向にあるだろう。
このやり方は詰まるところ、深層心理にある自分のイメージと相手のイメージ、そして望む関係性を導く事が出来るのだ。
自分の頭の中だけで占える方法だし、試しにやってみると良いだろう。

動物で占う事の意味

わざわざ動物を使って占う意味だが、それは人間のイメージを分かりやすく伝えるためだ。
もちろんイメージとは外見ではなく、中身に眠る性格や深層心理などだ。
もしも占って自分のイメージとそぐわない動物が出てきたら、それは自分でも気づかない自分という事にもなる。
自分で気づかない自分を知れる訳だから、楽しいだけではなくなかなか奥深い占いなのだ。

まずは自分の頭の中で占ってみるのもアリ

先に紹介した通り、頭の中で占ってみるのも当然アリなのだ。
自分のイメージを思い浮かべてリスやハムスターなどが思いつくなら、美意識に自信があるのかもしれない。
という風に、ある意味心理テストじみた所もあるが、相性とはイメージで占うと分かりやすいものなのだ。

関連記事