人間には身体や感情、知性の3種類のリズムがある。それぞれのリズムは周期的なパターンに沿って変化しており、それはグラフとして図示されることが多い。人間におけるそういうリズムの規則的な流れのことをバイオリズムという。

このリズムは一定の周期で繰り返されるために、これを知っていれば未来の自分の状態を前もって知ることができるようになる。例えば、ちょっとしたことでも落ち込んでしまうことがあれば、おそらく感情のリズムが低調期にあるだけなのだろうということが分かる。身体のリズムが低調期にあるのであればもう少し健康管理に注意しないといけないということが分かる。

バイオリズムというのは高調期と低調期があるが、特に注意しないといけないのが変調日と呼ばれる日である。変調日とは高調期と低調期が入れ替わる日のことを言い、リズムのバランスが崩れやすくなるので特に注意しなければいけない日だ。3つのリズムがそろって変調する日は、本当に気を付けるべき日だ。

今世というのは現在生きている世界のことを言い、過去の世界のことを前世、未来の世界のことを来世という。前世と今世、来世というのは当然ながらつながっているものであり、それをつなぎとめるのがバイオリズムということになる。

人生で起こる出来事というのは何らかの意味があるものだ。そういう出来事が起きたとしても過去を変えることは絶対にできない。あらゆる出来事が現在の自分を作っていると言ってもいい。過去から現在、未来に渡ってすべてがつながっているものだから、過去は過去として受け止める必要が出てくる。そうしたほうがまだ有意義な生き方ができるだろう。

人生におけるそういうリズムが知りたいというのであれば、前世占いで占ってみてはいかがだろうか。なかなかそういうリズムが分からないが故に無駄に悩んでしまうことがあるかもしれない。そうなってしまっては人生を無駄に過ごすことになってしまう。そうならないためにも占いを利用してみるのも悪くない。

人というのはそういうリズムによって好調な人やそうでない人、お金持ちの人、病気ばかりしてしまう人などさまざまな人がいる。もしかすると悪い星の下で生まれてきた人もいるかもしれないが、それによってあきらめる必要はない。むしろ、あきらめてしまった時点で全てが終わってしまうと言ってもいい。自分の人生におけるリズムを知ってどうやって好転するのかを見極めていこうではないか。

関連記事