さて、もちろん相性占いとは気になる人との相性を診断し、恋愛をスムーズに進めるための方法だ。
しかし占ったとしても、いざどうすれば良い恋の結果を出せるのかと迷う人は多いだろう。
今回は相性を占った後の展開に重点を起き、恋愛をうまく進める方法を紹介しよう。

診断結果で行動を決める

まず、相性を占うと基本的には相手の感情、そして相手が自分をどう思っているか、という事が分かるだろう。
そして自分はどういう異性を求めているのか、どんな人と付き合うと良いのか、というポイントも分かるのだ。
従って、まず自分が付き合いたいと思っている人が、自分にとって良い相手なのかそうでないかがハッキリとしてくる。
それらを踏まえて、まずは現状維持を決め込むか積極的にアピールするかのどちらかの選択肢が決められるのである。
注意したい点としては、占いの結果が芳しくなかった場合である。
もし自分と相手があまり合わないという結果が出たのなら、まず自分を変えていく必要があるからだ。
考え方が違う、今は運が無い時など、そのような診断が下されたのなら自分磨きや自分を変える行動に集中してほしい。
そうすれば、悪い診断結果をひっくり返し、相手に見合う自分になれるはずだ。

占いを全てだと思わない方がいい?

もしも好きな人との相性を占ったとして、相性が最悪だったとしよう。
だからと言って付き合うのをやめたり、告白を諦めるのはあまりにも極端すぎるだろう。
また、意中の相手と最高の相性だったとしても、浮かれてしまうのも問題だ。
つまり相性を占うという事は、その結果を踏まえて最大のメリットは何かと考えるのが一番なのである。
例え相性が良くて告白をするにしても、占いの結果で相手が恋に消極的と出たらどうだろうか。
もしそうなら、まず相手が恋に奥手という事を踏まえて行動した方が良いはずだ。

相性が丸わかりだからこそ、チャンスをふいにしない

相性を占って自分と相手の相性が丸わかりだからこそ、そのチャンスをふいにしてはいけないのだ。
せっかく占って結果を出したという事は、いわば恋の攻略方法が分かったという事。
その攻略方法を間違えないよう、診断結果を十分に読み解いて意中の人との恋を素敵に進めるべきである。

行動とチャンスを大切にする

相手との相性が分かったら、その相性などを踏まえて自分がどう行動するべきなのかしっかり考えるべきだ。
そして恋を有利に進める方法が明確になったら、なるべくそのチャンスをふいにしてはいけない。
正しい行動力とチャンスを活かす判断で、思うままの恋愛成就を叶えてほしい。

関連記事